町田市民新春市民囲碁大会2022

● 町田市民新春市民囲碁大会2022 ◯

2022/01/10

新春恒例の第9回 町田市民囲碁大会が2年ぶりに開催された。

昨年暮れの申し込み時点では、新型コロナがやや収まるかの様相を呈していたが、オミクロン株が突然に蔓延して、東京もあっというまに1日の新規感染者数が連日1000人を超えた。 これまで1年半ほどほとんどの碁会の参加を見合わせている。今回も参加をためらったがすでに申し込んでいたのと、最寄り駅前での開催だったこともあってキャンセルしなかった。盤を挟んでの碁会は2020年7月25日以来。

この碁会はいつも成績が悪くやむをえず、参加することに意義を感じることにしている。いつもどおり最後まで帰らずに、表彰式で拍手を送った。

主催は町田市囲碁連盟、代表の倉橋幸二氏とは同じ鶴川地区に住んでいることから以前から囲碁の付き合いがある。やはりコロナ渦のため直前のキャンセルがあって主催者として苦労があったらしい。


    クラス分けと参加人数は次の通り
  • 名人クラス : フリー オール互先 13名
  • Aクラス : 3段以上 申し込み順でクラス分け ハンディ戦
        A1クラス13人
        A2クラス13人 
  • Bクラス : 2段以下 13人 ハンディ戦


 

町田市囲碁連盟は町田市文化協会の加盟団体になっており、会員数は200人。
 
 町田市文化協会 サイト



会場の和光大学ポプリホール鶴川

新春の演出

町田市囲碁連盟 倉橋幸二代表

町田市 深沢ひろふみ議員 、 左は 大西のぶや議員

名人クラス

Aクラス決勝戦

Aクラス三位決定戦

名人クラス優勝 山上 量 氏

名人クラス準優勝 酒井 弘昭 氏

Aクラス優勝 鈴木 時治 氏。私の初戦の相手。考えることが好きだという、見習いたいものである。

Aクラス準優勝 井手 守 氏

Aクラス3位 松崎 圀夫 氏

Bクラス優勝 床呂 英一 氏

Bクラス準優勝 堀越 光男 氏

いつも頂く賞


囲碁日記 :  index |